リーグ戦再開に向けて練習するブレックスの選手=ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボールB1東地区首位の宇都宮ブレックスは7日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で14日のリーグ戦再開に向けた全体練習を行った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でリーグ戦は2月末から中断している。第23節の三河戦(2月17日)を最後に試合を離れているブレックスの選手たちはこの日、実戦を想定した5対5の練習などを実施。安斎竜三(あんざいりゅうぞう)監督はオフェンスの動きで選手に細かい指示を送るなど、試合感覚の維持に神経を使っていた。

 リーグ戦が再開される14日は各地で第28節の9試合が行われ、3連勝中のブレックスは15時5分から、千葉県の船橋アリーナで東地区3位の千葉と激突する。