宇都宮市内の大型商業施設FKDインターパーク店2階の生活雑貨店「ロフト」に勤務している30代女性が新型コロナウイルスに感染したことを受け、宇都宮市保健所は7日、女性の勤務先従業員3人に行われたPCR検査が陰性であったことを発表した。

 女性が出勤した2月25日の勤務者10人を濃厚接触者と判定し、このうち、女性と1時間程度の接触があった2人と、呼吸器症状があった1人の計3人に検査を実施した。3人には現在、発熱やせきなどの症状はないという。

 同市保健所は10人に対し、今月10日まで自宅で健康観察を行うとともに、不要不急の外出を避けるよう呼び掛けた。

 また顧客との接触状況についても調査し、濃厚接触者はいなかった。

 女性は2月22~24日、大阪府内でライブに参加した。23日には集団感染が疑われる大阪市北区のライブハウス「Soap opera classics Umeda」に滞在した。

 今月5日に感染が確認された。6日には同居する父親が濃厚接触者として検査を受け、陰性だった。

 県内の新型コロナウイルス感染者は、これまで2人が確認された。この30代女性以外では、2月22日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」下船後に60代女性の感染が確認されている。