栃木市にミニバンを寄贈した中村さん(左)

 【栃木】2022年開催の「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」で活用してもらおうと、都賀町家中、会社経営中村和男(なかむらかずお)さん(66)が6日、公用車のミニバン(380万円相当)を市に贈り、大川秀子(おおかわひでこ)市長から感謝状を贈呈された。

 車両はトヨタの白色の「エスクァイア」。市内で開催される正式競技のなぎなたやボート、フライングディスクなどを行う市マスコットキャラクター「とち介」が描かれている。中村さんが市に寄贈した公用車は5台目。