「応縁隊」の看板を掲げる代表の坂内さん(右)と隊長の菅谷さん

 【大田原】市内へ移住した人たちの定住を支援しようと、市民有志がボランティア組織「大田原定住応縁隊(おうえんたい)」を結成した。相談窓口の「市移住・定住サポートセンター」が3月末で廃止されるため、定住者の不安を解消しようと、生活上の困り事に対応できる「その道のプロ」16人が結集した。「大田原をずっと好きでいてもらえるよう、力になりたい」。4月1日の活動開始に向け準備を進めている。

 同センターは2016年9月に開所し、市から業務委託を受けたNPO法人「やってみっぺよ大田原未来塾」が運営してきた。3年半で28世帯66人(予定を含む)が移住し、交流会を開くなどして支援してきた。