高井家が監修した機内食(ANA提供)

高井さん(右)と妻の孝美さん

高井家が監修した機内食(ANA提供) 高井さん(右)と妻の孝美さん

 日光市本町の「日本料理 高井家」監修による機内食の提供が今月から、全日空(ANA)国内線プレミアムクラスの夕食時間帯(午後5時以降に羽田空港を出発する便)で始まった。5月まで。外国人観光客向けガイドブックも取り上げる名店だが、監修を手掛けるのは初めてという。

 店主の高井祥之(たかいしょうじ)さん(63)は「地元の食材を大事にしてきた。栃木や日光の宣伝となり、訪れるきっかけになれば」と話す。

 今回の機内食監修は、各地を広域的にプロモーションするANAの地域活性化プロジェクトの一環。昨年12月からの地域は関東。