ハンカチマスクの作り方を紹介する売り場。女性客が足を止めたりチラシを手にしたりしていた=5日午後、宇都宮市

ハンカチマスクの作り方を紹介する売り場。女性客が足を止めたりチラシを手にしたりしていた=5日午後、宇都宮市

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が深刻化する中、東武宇都宮百貨店(宇都宮市宮園町)は、本店、大田原店、栃木市役所店全店の洋品雑貨売り場で、ハンカチマスクの作り方を紹介している。

Web写真館に別カットの写真

 3店とも4日に開始した。本店では、ハンカチ製造などの川辺(東京都新宿区)が提案する作り方のチラシと共に、ハンカチマスク姿のマネキンが買い物客にアピールしている。作るのに使う物は、ハンカチと、ヘアゴムや輪にした手芸用のゴム。半分に折ったハンカチをさらに半分折り、長い方を3等分した位置にそれぞれゴムを通し、両端を中央に折ると完成する。

 1階洋品雑貨担当の六川浩美(ろくかわひろみ)さん(34)は「洗濯機で毎日洗え、清潔に使える。花柄など好みに合わせて選ぶこともできる」と利点を説明し、使うハンカチについては「柔らかいガーゼ素材がお薦めです」と話した。作り方は、川辺がホームページで動画も公開している。