県県土整備部は4日、宇都宮北道路と宇都宮環状線(宮環)を結ぶ上戸祭立体(仮称)の橋梁(きょうりょう)架設工事により、宇都宮市上戸祭地内の国道119号で16日~6月中旬の間、夜間(午後9時半~午前5時)の交通規制を実施すると発表した。

 宮環では3月16日~4月21日と5月中旬~6月中旬の期間、長岡町交差点から北道路入口交差点付近の約600メートルが4車線から2車線の対面通行となり、交差点での右折が禁止となる。北道路は4月1~7日と6月上旬の計7日間、南進車線約2・5キロなど一部区間が通行止めとなる。

 いずれの交通規制も土日の夜間は実施せず、北道路の一部通行止め期間中は宮環の交通規制は行われない。