「すし華亭長岡店」でテークアウト用のすしを詰める従業員。1週間ほど前から注文が増えているという=3日午後、宇都宮市

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅で過ごすための「巣ごもり消費」の関連需要が伸びている。外出控えや臨時休校の影響とみられ、先週末からスーパーではカップ麺やパスタ類の売り上げが伸びた。生産現場では電子レンジで簡単に調理できるハンバーグやレトルト食品などの発注が相次ぐ。すし店ではテークアウトの注文が増加しているという。

 県内のスーパーでは、手軽に食べられる食品類の需要が伸びているという。