栃木県茂木町は3日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大を防ぐため町内5小中学校(中学校1、小学校4)で10日から実施するとしていた臨時休校の方針を転換、春休み前まで通常通り授業を行うことを決め、保護者に通知した。県内では大田原市が午前授業を行っているが、公立校で臨時休校を全く行わないことを決めたのは茂木町が初めて。同町の古口達也(こぐちたつや)町長は「春休みを含め約1カ月に及ぶ休校は児童生徒や保護者のためにならないと判断した」などと述べた。

 古口町長は「保育園や幼稚園は通常通りで、学童保育も1日通して実施する。町の学童保育は教室より人の密度が高い。一方で各校の教職員は通常通り勤務する」と述べ、方針転換は自らが主導したと明らかにした。判断にあたり、各校の校長、PTA会長、教育委員、町議らから意見を聴いたという。

 感染を懸念し保護者から子どもを休ませたいと事前に連絡があれば、休みを認め、欠席扱いにはしない。各校へは、休む児童生徒に補習を行うなど配慮するよう要請する。同町内や近隣市町で感染者が出た場合は即日臨時休校に入る。学校での感染防止対策をさらに徹底し、スクールバスは利用前後に車内消毒する。

 同町は、高校入試を控えた受験生への配慮や卒業式の日程を勘案し、芳賀郡内の他の3町と共に同じ日程で臨時休校を実施することにしていた。

 方針転換を踏まえ、小中学校の卒業式は小学校が9日午前10時、中学校は同日午後1時半からとする。

 3日午後7時からは古口町長が町ケーブルテレビに録画出演し、町の方針転換について説明、方針転換への協力を呼び掛けた。

 古口町長は「休みに入る準備期間があまりに短すぎる。ウイルス対策にはなるかもしれないが、子どもたちの生活面や学習面、健康面等を考慮すると本当に大丈夫なのか納得がいかなかった」と強調した。