福祉事業所利用者による販売会でくじ引きのサポートをする生徒

 【真岡】生徒の職業観や社会性を育むキャリア教育の優良学校として、真岡北陵高が本年度の文部科学大臣表彰を受けた。同校では地域の課題を見つけたり分析したりしながら解決に取り組む「課題研究」の授業などを通して、将来の地域発展を支える人材の育成に力を注いでいる。押久保徹(おしくぼとおる)校長は「各学科が連携した取り組みが評価され、方向性が間違っていないと後押ししてもらった」と喜んでいる。

 農業や商業、福祉など5学科を有する同校では、各科が連携しながら地域の未来をつくる人材の育成を目指す「ペンタゴンプロジェクト」を推進し、地域密着型のキャリア教育に取り組んできた。