【小山】市教委は3日、新型コロナウイルス感染防止のため休校中の市内中学校、義務教育学校の卒業式について、保護者の出席を原則として認めることを決めた。ただし、大規模校は1世帯当たりの出席人数を制限することもある。在校生の出席は検討中。

 小学校は保護者の出席を基本に、大規模校については在校生の出席人数を制限することがある。いずれも各学校長が調整する。中学校の卒業式は10日、小学校は19日。

 中学校の卒業式について、市教委は当初保護者の出席を認めない方向で調整していた。しかし、卒業式の在り方について2日だけで38件の問い合わせがあり、その多くが「保護者臨席を認めてほしい」との要望だったという。