チーム名変更を検討しているJ2栃木SCの新名称公募が先月末に締め切られ、計1286通の応募があったことが2日、分かった。

 クラブはホームタウンを示す「宇都宮」、さらに栃木県を象徴する愛称などを含むことを条件に、2月14~29日に公式ホームページ上で一般公募した。

 詳細な集計は今後進めるが、1人3案までの応募を可能としたため、合計で3千を超える案が集まったとみられる。変更に反対するメール1件がクラブに寄せられたが、全体的な反対意見は多くなかったという。

 今後は選考委員会で変更可否も含めて審議し、今夏に結果を発表する予定。江藤美帆(えとうみほ)取締役マーケティング戦略部長は「由来などもしっかりと考えられていて、オリジナリティーある案が集まった」と語った。