ブレクシー・パステルの選手たち

ブレクシー・ビビッドの選手たち

ブレクシー・クリスタルの選手たち

ブレクシー・パステルの選手たち ブレクシー・ビビッドの選手たち ブレクシー・クリスタルの選手たち

 チアダンスの年代別日本一を決める全日本選手権決勝大会が2日までに、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれ、バスケットボールB1宇都宮ブレックスのチアリーダー「ブレクシー」のスクール生で、共に小学生チームの「パステル」、「ビビッド」が部門別準優勝に輝いた。中学生の「クリスタル」も初の全国出場ながら7位と健闘。“3姉妹”が大舞台で躍動した。

 3年連続で全国の舞台に立ったパステルは小学校低学年の9人で出場。演技開始からはつらつとした動きで観衆を引きつけ、あどけない表情とともに恋をする乙女心を表現。2017年大会以来の優勝には届かなかったが審査員の評価は高く、74・50点を獲得した。

 ビビッドは前回大会の3位を上回り、過去最高の成績。小学校高学年で編成された11人はやや大人びた表情を意識しながら、統一感と切れのある動きで規定のヒップホップやラインダンスなどを演技。75・13点と高得点を出した。

 クリスタルはジャズのリズムに乗って豊かな表現力を披露。初出場とは思えない堂々としたパフォーマンスは最後まで力強く、75・75点だった。