ロボットカーを動かす児童ら

 【足利】新年度から小学校で必修になるプログラミング教育の公開授業が2月27日、北郷小であった。市内の教員ら約40人が、子どもたちがロボットカーを動かす様子などを見学した。

 市教育研究所が企画した。この日は、4年生の児童がタブレット端末を使ってロボットカーに進む方向などを指示するプログラミングの授業を実施。教員らは、児童が試行錯誤しながらロボットカーが正確に動く方法を導き出す様子などを見学した。