リニューアルした「宇都宮の歴史と文化財」のホームページと宇都宮の歴史を紐解く8ストーリーのパンフレット

 【宇都宮】市教委文化課はこのほど、ホームページ(HP)「宇都宮の歴史と文化財」をリニューアルした。映像を多用し英語版も作成、文化財検索機能を使いやすくした。また期間限定でスマートフォンアプリと連携したゲーム感覚の史跡巡りも行っている。

 宇都宮の地形や歴史などを時代やテーマごとに八つの視点から紹介した「宇都宮の歴史を紐(ひも)解く8ストーリー」を基に構成。「今も昔も住みやすい関東平野の里山都市」や「農村に生きた人々が築いた文化豊かな田園の地」など各ストーリーを1分半~2分の映像にし、英語版も作成した。文化財検索は「8ストーリー」をはじめ「時代」や「地域」など検索項目を増やし、使いやすくした。

 6月1日までは、「8ストーリー」の代表的なスポットを回りながら歴史や文化に触れるスマートフォンのゲームを設定。市中心部の旧篠原家住宅など5カ所を巡るとアプリ内で使える通貨やアイテムが獲得できる「aruku&(あるくと)」と郊外の飛山城史跡公園など8カ所を周遊するとアプリ内で使用できるキャラクター「アバター」を獲得できる「国盗り物語」が楽しめる。

 同課は「HPをリニューアルし、8ストーリーの内容を分かりやすくした。宇都宮の歴史や文化を知ってほしい」と閲覧を呼び掛けている。