女性限定アユ釣り大会「鮎レディ」のPRポスター

 【大田原】女性のアユ釣りファンを増やし、天然アユの宝庫である那珂川をPRしようと、市観光協会は6月17日、黒羽向町の同川右岸河川公園で女性限定のアユ釣り大会「鮎(あゆ)レディ」を初めて開く。昨年7月に「芭蕉(ばしょう)の里くろばね鮎釣り大会」の女性部門として実施し、好評だったため、独立した大会として継続する。

 「本物の出会い 栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」関連の重点施策として、18日に市内で開かれた協会の総会で承認された。那珂川を訪れる釣り人口の拡大を図るとともに、大田原の豊かな自然の魅力を知ってもらうことが狙いだ。

 釣りざおの貸し出しは無料で「地元のベテラン釣り師が指導するため、初心者でも安心」と同協会。