岡署長(左)から感謝状を受け取った斎藤さん(中央)=19日午前、宇都宮中央署

岡署長(左)から感謝状を受け取る斎藤さん=19日午前、宇都宮中央署

岡署長(左)から感謝状を受け取った斎藤さん(中央)=19日午前、宇都宮中央署 岡署長(左)から感謝状を受け取る斎藤さん=19日午前、宇都宮中央署

 【宇都宮】詐欺被害を未然に防止したとして、宇都宮中央署は19日、同署でセブン-イレブン宇都宮下戸祭店のアルバイト店員で宇都宮大工学部、斎藤宏樹(さいとうひろき)さん(22)に感謝状を贈った。

 斎藤さんは1月22日夜、同店を訪れた70代男性が電子マネー3万2千円分を購入しようとしたため、使用用途を聞いた。男性が「パソコンのウイルス除去費用を支払う」などと答えたため詐欺を疑い、同署に通報した。

 斎藤さんは「男性が電子マネーの買い方を尋ねてきたので不審に思った。勇気を出して良かった」とほほ笑んだ。岡広志(おかひろし)署長は「斎藤さんの正義感で被害を防げた。大変ありがたい」と話した。