全国選抜大会に向けて練習する作新高女子バドミントン部。開催が不透明な状況で選手は不安を抱えている=同高体育館

 

 感染が拡大する新型コロナウイルスが今春の高校全国大会に影響を及ぼしている。下野新聞の調べによると、28日までに全国選抜大会は10競技が中止を決定。残る硬式野球やバドミントンなど12競技は大会主催者が慎重に開催の可否を見極める状況が続き、選手らの間にとまどいや不安が広がっている。

 28日は卓球、ハンドボールなど新たに6競技が中止を決定。第42回全国高校柔道選手権(3月21~22日、前橋市)を主催する全日本柔道連盟は同日、新型コロナウイルス感染拡大防止を理由に中止を決めた。

【中止が決まった高校全国大会】※28日現在
◎選抜大会
種  目     競技日程    開催地
卓  球     3月26~28日 千 葉
ハンドボール   3月24~29日 千葉・埼玉
ラグビー     3月24~31日 埼 玉
ソフトボール   3月20~23日 山口・愛媛
自転車(ロード) 3月17日   熊 本
自転車(トラック)3月18~20日 福 岡
ボクシング    3月23~26日 石 川
空手道      3月26~28日  ”
アーチェリー   3月27、28日 静 岡
なぎなた     3月21、22日 兵 庫
少林寺拳法    3月21~23日 香 川
◎選手権大会
柔  道     3月21、22日 群 馬