サッカー少年、少女たちに見守られ、キックイン(始球式)を行う和泉市長

 【足利】市が足利大から土地の無償貸与を受けて整備した大前町の市西部多目的運動場の完成記念式典が20日、同所で行われた。スポーツ振興くじ(toto)の助成金も活用した人工芝グラウンドで、公募で決めた愛称「あしスタ ASSISTA」も発表した。

 市と同大の包括連携協定に基づき、同大大前キャンパス近くの旧フットボール場に整備してきた。面積約8200平方メートルでサッカーやラグビーのコートが1面、少年用サッカーコートは2面取ることができる。ナイター照明、放送設備も備えている。