「エンドア」のコワーキングスペース。窓の奥側には美容室が入る=27日午後、宇都宮市

「エンドア」のレンタルスペース。講習会やヨガ、料理教室などができる=27日、宇都宮市

美容室やエステ店のほか、コミュニティスペースを設けた「エンドア」=27日午後、宇都宮市

「エンドア」のコワーキングスペース。窓の奥側には美容室が入る=27日午後、宇都宮市 「エンドア」のレンタルスペース。講習会やヨガ、料理教室などができる=27日、宇都宮市 美容室やエステ店のほか、コミュニティスペースを設けた「エンドア」=27日午後、宇都宮市

 ビューティアトリエグループとして美容室などを展開する総美(宇都宮市江曽島本町、郡司成江(ぐんじまさえ)社長)は3月1日、宇都宮市宿郷5丁目に、美容室やエステ店のほか、有料のレンタルスタジオや会議室、シェアオフィスとして使える空間などを備えたコミュニティースペースをオープンさせる。名称は「´en doors(エンドア)」。利用者をつなぎ新たな出会いを演出するほか、スペースを活用した普段とは違う時間の使い方の提案を狙う。

 同市陽東5丁目で営業していた美容室の移転に伴い、エンドアを企画した。主なターゲットは30代以上の男女という。郡司社長は「これからはコミュニティーをつくる時代。いろいろな人が集まり、仲間作りができたら」と話す。名前には、美と夢を持った人たちが縁を結び、新たな扉を開ける場所との思いを込めた。