栃木GBの今季スローガン「進歩」のロゴデザイン

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は26日、リーグ連覇を狙う2020年シーズンのチームスローガンを「進歩」に決めたと発表した。

 栃木GBはリーグ参入3年目の昨季、寺内崇幸(てらうちたかゆき)監督を迎え、東地区後期に初の半期優勝を果たした。プレーオフでは前期優勝の群馬との地区チャンピオンシップ(CS)で2連勝して地区優勝、続く西地区王者の信濃とのリーグCSを3勝1分けで制し、初のリーグ優勝を飾った。

 新スローガンについて2季目の指揮を執る寺内監督は「昨年の優勝を機に、県民の皆さまにさらに歩み寄り、ともによりよい環境をつくっていけるよう、歩み進んでいきたい。優勝に満足することなく、成長し続けるため、目標達成のために日々努力し進歩する」とコメントした。