【野木】新型コロナウイルス問題で使い捨てマスクが品薄になっていることから、町は26日、キッチンペーパーで作れる「簡易マスクの作り方」を掲載したチラシ約7600枚を自治会を通して全戸配布した。発熱時の注意点とともに、町民に周知する。

 簡易マスクは、感染防止のための町の対策会議で医師が提案したという。町が警視庁のホームページを参考に、写真付きで作り方をまとめた。キッチンペーパー1枚を蛇腹状に折りたたみ、両端に輪ゴムをホチキス針で止める。輪ゴムを耳にかけてキッチンペーパーを広げればマスク代わりになる。?

 チラシには風邪の初期症状が現れた時や高熱が続くときの対応も掲載。医療機関にかかる場合の注意点も盛り込んだ。

 また町は同日、第3回対策本部会議を開き、町主催のイベントについて中止または延期の判断基準をまとめた。高齢者や子どもが多く参加することなど、六つの観点を考慮し判断する方針という。