関東知事会会長の上田埼玉県知事(右)のあいさつを聞く福田知事(中央)=23日午後、都内

 本県など10都県で構成する関東地方知事会の定例会議が23日、都内で開かれ、国への施策や予算に関する13の要望・提案などを決めた。福田富一(ふくだとみかず)知事は地域公共交通維持に向けた支援拡充などを提案し、了承された。

 福田知事が求めたのは、交通不便地域の移動手段となっている路線バスなどへの補助財源の確保。「国の補助金の削減が続き、市や町も大変な状況」と補助制度の見直しを訴えたほか、外国人観光客も含めて利便性向上につながるとして、「Suica(スイカ)」などの交通系ICカードに対応するバスや駅を増やすための財源支援を求めた。