小山市まちなか交流センターの指定管理者選定を巡る問題は、選定経過を疑問視する市民団体と市がそれぞれ相手の主張を批判するチラシを作って配る異例の展開となっている。21日の市議会一般質問は青木美智子(あおきみちこ)(市民派21)、平野正敏(ひらのまさとし)氏(無会派)の2氏がこの問題を取り上げた。

 青木氏がチラシ作成の真意をただしたのに対し、小林功(こばやしいさお)総務部長は「一部の団体が一方的に事実に反する主張をしているため」などと答弁。青木氏は「チラシで反論するのではなく、市民団体と真摯(しんし)に向き合え」と、苦言を呈した。

 市の反論チラシは、市民向けに市が主催している集会などで配布されているという。青木氏の発言に小林部長は「市民の不安を払拭(ふっしょく)し、正確な情報を伝えるため今後も続ける」と反論した。双方の主張は平行線のままだった。