SL大樹の車内で「石川五右衛門」と記念撮影をする家族連れ

 【日光】東武鬼怒川線で22日、沿線のテーマパーク「江戸ワンダーランド日光江戸村」とコラボレーションしたSL「大樹(たいじゅ)」の運行が始まった。車内外に忍者や大泥棒がお目見えし、乗客を楽しませた。3月8日までの土日祝日に開催される。

 SLの車内や沿線の駅、田畑などに江戸村の“住人”が次々と現れ、寸劇が繰り広げられる催し。冬の日光を盛り上げようと昨年に続いて企画された。

 新型コロナウイルス対策として車内除菌などが行われる中、鬼怒川温泉駅へ向かうSLでは、忍者が手裏剣型の記念乗車証を配ったり、沿線に出没した敵の忍者と対決したりしながら、満員の乗客を盛り上げた。