県警は本部の部課長や一線の署長など幹部級の年度末異動を27日に内示し、3月13日に発令する。新たな刑事部長には岡広志宇都宮中央署長、後任の宇都宮中央署長には藤田裕之首席監察官が就任する見通しだ。

 所属長の退職予定者は高久仁刑事部長、北村修警備部長、野本陽一交通部長、山口勝隆生活安全部長、寺崎耕警察学校長のほか、沼尾定男生活安全企画課長、池田正栃木署長、中川孝夫会計課長ら計14人。

 新たな警視正には、大貫良之地域部長、伊藤靖志警務課長、吉田英生交通企画課長、高堀直樹警備1課長が昇格し、それぞれ生活安全部長、首席監察官、交通部長、警備部長への起用が有力視されている。