新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月15日に東京・駒沢オリンピック公園で開催予定だった「パラ駅伝2020」の中止が20日、発表された。4連覇を目指して練習を重ねてきた本県チーム「ベリーグッドとちぎ」の選手らは「夢舞台を走りたかった」と悔しさを口にした。

 障害者と健常者がたすきをつなぐパラ駅伝は2015年に始まった。日本財団パラリンピックサポートセンターが主催し今年は国内外の18チームが出場予定だったが、新型肺炎の拡大などの状況を鑑み、中止を決めた。