新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大で県内経済への影響が懸念される中、福田富一(ふくだとみかず)知事は20日の県議会代表質問で、新たな制度融資の創設を検討する考えを明らかにした。融資枠や条件など具体的な内容について、関係機関と調整を図っている。

 事業活動に影響を受けた、もしくは受ける可能性がある中小企業への支援策とする考えで、福田知事は「県内経済への影響を最小限にとどめられるよう、全力で取り組んでいく。国の各種制度の周知にも努める」と述べた。