子育てについて語る菊地施設長

 【足利】PTA教育講演会が19日、矢場川小で開かれ、元山辺中校長で市内の児童養護施設イースタービレッジの菊地広光(きくちひろみつ)施設長が「子育てについて」と題して講演した。

 保護者ら約40人が聴講した。菊地施設長は2017年3月に山辺中校長を最後に教員を退職後、昨年度から同施設長を務めている。

 菊地施設長は自身の子どもの頃の記憶などを振り返りながら「子どもにとって、失敗することはとても大事」と指摘。さらに「ミスから立ち直るのはもっと大事。ミスを乗り越えるには、子どものうちに豊かな経験をさせてミスを見守ってあげるといい」とアドバイスした。

 また子に対する「しつけ」について「『仕付け』糸と同じ。柔らかく、ある時期には取れるようにしてあげるべきだ」と指南した。