JR宇都宮駅構内のコンビニなどで販売されているフィギュア

JR宇都宮駅構内のコンビニなどで販売されているフィギュア

 「宇都宮ギョーザ」や「あしかがフラワーパークの大藤」など本県にちなんだカプセル入り玩具が「本物の出会い 栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせて販売され、人気となっている。JR宇都宮駅構内のコンビニなど91店舗で約8千個が売れ、販売するJR東日本リテールネット(東京都新宿区)は「この販売店数としては非常な好成績」と評価。素材のユニークさが受けたと見ている。  フィギュアは「関東・栃木レモン」「関東・栃木イチゴ」「日光江戸村の忍者」「那須アルパカ牧場」「特急スペーシア」を合わせた7種類。1個400円(税込み)。大英博物館収蔵物の公式フィギュア造形なども担当した「海洋堂」(大阪府門真市)がデザイン、作成した。高さは3~5センチほどで、細かい部分も工夫を重ねたという。