野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は19日、長野県上田市で信濃と対戦し、7-7で引き分けた。通算成績は7勝4分け10敗で順位は東地区最下位のまま。

 栃木GBは四回にジョンの犠飛で1点を先制。同点の五回は先頭の谷津鷹明が三塁打で出塁し、敵失と八木健史の適時打、ジョンの2打席連続犠飛で3点を勝ち越した。 しかし、先発の金本享祐ら投手陣が踏ん張れず五回に2失点し、六回も3失点。4-6で迎えた八回に橋爪脩祐とルーカスの長短適時打で逆転に成功したが、九回に抑えの橋詰循が1点を奪われた。

 次戦は20日午後1時から、栃木市営球場で福島と対戦する。