第45期棋王戦五番勝負第2局で初手を指す挑戦者の本田五段(右)=16日午前9時、宇都宮グランドホテル

 将棋の渡辺明(わたなべ・あきら)棋王(35)に本田奎(ほんだ・けい)五段(22)が挑戦している第45期棋王戦(下野新聞社、日本将棋連盟など主催)5番勝負の第2局は16日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで指され、午後5時40分、97手で先手の本田五段が初勝利を挙げ、対戦成績を1勝1敗のタイとした。

Web写真館に別カットの写真

 戦型は相掛かり。本田五段は自陣角を打ってペースをつかみ、終盤にミスがあったが、何とか逃げ切った。

 持ち時間各4時間のうち、残りは本田五段18分、渡辺棋王44分。

 第3局は3月1日、新潟市の新潟グランドホテルで行われる。