新体操団体ボール演技を披露する日本代表=白鴎アリーナ

新体操団体ボール演技を披露する日本代表=白鴎アリーナ

新体操団体ボール演技を披露する日本代表=白鴎アリーナ

新体操団体ボール演技を披露する日本代表=白鴎アリーナ 新体操団体ボール演技を披露する日本代表=白鴎アリーナ 新体操団体ボール演技を披露する日本代表=白鴎アリーナ

 新体操団体の日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」が15日、小山市の白鴎大本キャンパス白鴎アリーナでハンガリー代表選手団との合同練習を一般公開した。本番さながらの華麗な演技を披露し、会場に詰め掛けた新体操関係者ら300人を魅了した。

 日本代表は昨年9月の世界選手権(アゼルバイジャン・バクー)団体総合で44年ぶりに銀メダルを獲得し、団体種目別ボールでは史上初の優勝と近年は躍進が著しい。同市内で東京五輪の事前合宿候補地視察で来日したハンガリー代表の要望を受け、初めて実現した。