男子400メートル個人メドレーで4位だった萩野=東京辰巳国際水泳場

男子400メートル個人メドレーで4位だった萩野=東京辰巳国際水泳場

男子400メートル個人メドレーで4位だった萩野=東京辰巳国際水泳場 男子400メートル個人メドレーで4位だった萩野=東京辰巳国際水泳場

 競泳のコナミオープン第1日は15日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子400メートル個人メドレーで2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの萩野公介(はぎの・こうすけ)(小山市出身、ブリヂストン)は自身の日本記録から14秒37も遅れる4分20秒42で4位だった。

 ほか県勢は男子100メートルバタフライの水沼尚輝(みずぬまなおき)(真岡市出身、新潟医療福祉大職)が52秒09で2位。女子200メートル平泳ぎの深沢舞(ふかさわまい)(黒磯南高-新潟医療福祉大3年)は予選12位で敗退した。

 男子200メートル自由形では専門外の瀬戸大也(せと・だいや)(ANA)が1分46秒65、同200メートル平泳ぎは佐藤翔馬(さとう・しょうま)(東京SC)が2分8秒25で優勝。同100メートルバタフライは川本武史(かわもとたけし)(トヨタ自動車)が51秒62の大会新記録で制した。

 女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(おおはし・ゆい)(イトマン東進)が4分34秒85、男子100メートル背泳ぎは入江陵介(いりえ・りょうすけ)(イトマン東進)が52秒99で1位。女子200メートル平泳ぎは渡部香生子(わたなべ・かなこ)(JSS)が2分24秒77で勝った。