引きこもり支援について意見を交わした分科会=15日午後、宇都宮市竹下町

 若者や引きこもり支援の関係者が全国から集まる「第15回全国若者・ひきこもり協同実践交流会inとちぎ」(若者協同実践全国フォーラム、同交流会実行委員会主催)が15日、宇都宮市竹下町の作新学院大で始まった。シンポジウムや分科会を通して若者、引きこもり支援の在り方などについて議論を深めた。16日まで。

 同交流会は支援者たちがそれぞれの実践事例を共有し、今後の支援について考える場として毎年開かれている。本県では初開催。