初公開された刀「雲州住藤原冬広」

 【足利】足利藩の絵師で、幕末から明治の動乱期に活躍した田崎草雲(たざきそううん)の絵画やゆかりある刀剣を展示した特別展「草雲と刀工たち」が、緑町2丁目の草雲美術館で19日始まった。6月3日まで。

 「栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ開かれた。初公開「雲州住藤原冬広(うんしゅうじゅうふじわらのふゆひろ)」。草雲の身分相応の価値で、草雲が好む山水画がつばに施されていることから、所持していた可能性が高いされる。