第1ピリオド7分、バックスのFW古橋(右)が先制点を決める=日光霧降アイスアリーナ

第2ピリオド5分、バックスのFW古橋(奥)がシュートを決める=日光霧降アイスアリーナ

第2ピリオド5分、バックスのFW古橋がシュートを決める=日光霧降アイスアリーナ

第1ピリオド7分、バックスのFW古橋(右)が先制点を決める=日光霧降アイスアリーナ 第2ピリオド5分、バックスのFW古橋(奥)がシュートを決める=日光霧降アイスアリーナ 第2ピリオド5分、バックスのFW古橋がシュートを決める=日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは14日、日光霧降アイスアリーナで7位東北と対戦、FW古橋真来(ふるはしまくる)の4得点の活躍などで6-2で快勝し、連敗を4でストップした。通算13勝21敗、勝ち点39で6位のまま。

 バックスは序盤から攻守で主導権を握った。第1ピリオド7分19秒、GK井上光明(いのうえみつあき)がセーブしたパックを古橋が運んで先制に成功した。

 第2ピリオドはゴールラッシュ。5分に古橋がパワープレーで2点目を決めると、7分20秒にFW鈴木健斗(すずきけんと)、9分23秒にFW岩本和真(いわもとかずま)がリバウンドから立て続けに得点した。3点リードの第3ピリオドは序盤に1点を許したが、3分4秒と14分4秒に古橋が連続ゴールを奪い突き放した。

 次戦は15日午後2時から、同会場で東北と戦う。