約300鉢のボタンが並ぶ会場

 【日光】国内最大級のボタンの展示会「日光街道今市宿 牡丹(ぼたん)室内庭園」(市観光協会主催)が15日、今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」多目的ホールで始まる。24日まで。

 冬季の誘客促進のため毎年開催しており、9回目。地元住民グループ「今市牡丹愛好会」が協力している。

 14日は報道関係者向けの内覧会が開かれた。会場には松江市から取り寄せた黄色の「黄冠(おうかん)」やピンクの「八千代椿」など約100種類、300鉢ほどが並ぶ。ロビーには地元住民グループ「布遊の会」によるつるしびなも飾られ、会場は春の雰囲気に包まれている。

 同愛好会の川瀬邦夫(かわせくにお)会長(82)は「会のメンバーから、品種の特徴といった説明も受けられる。ぜひ来場を」と呼び掛けている。

 午前9時半~午後5時。入場料200円。(問)市観光協会0288・22・1525。