記者会見で謝罪する広島県警の鈴木信弘本部長=14日午後、広島市

 広島中央署

 記者会見で謝罪する広島県警の鈴木信弘本部長=14日午後、広島市  広島中央署

 広島中央署で2017年に特殊詐欺事件の証拠品として保管されていた現金8572万円が盗まれた事件で、広島県警は14日、窃盗などの疑いで、事件後に死亡した脇本譲警部補=当時(36)=を容疑者死亡のまま書類送検した。

 書類送検容疑は17年3月26日ごろ、広島中央署1階にある会計課へ侵入し、金庫から現金8572万円を盗んだ疑い。

 県警によると、脇本警部補は3月26日は署内で勤務していた。特殊詐欺事件の捜査に従事しており、金庫に現金があったことを知っていた上、9300万円の負債があった。

 県警は当初から内部犯行の可能性が高いとみて容疑者の特定を進めていた。