釣ったアユを確認する漁協関係者

 【那珂川】6月1日の那珂川のアユ釣り解禁を前に、那珂川南部漁協(大森一良(おおもりかずよし)組合長)は19日、旧新那珂橋付近の那珂川でアユの生存調査を行った。

 天然アユと放流アユの割合や体長などを調べ、河川の状況や釣れやすいポイントを周知し、釣り人の誘客などにつなげる狙い。同漁協が解禁日前にこうした調査を行うのは数十年ぶりという。