新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の県内経済への影響について、福田富一(ふくだとみかず)知事は13日の定例記者会見で、宿泊施設の1月24日~3月1日の宿泊キャンセル数が、今月10日時点で延べ1999泊に上ったと明らかにした。国が滞在外国人の入国拒否を表明した本県の友好都市・浙江省に対し、防護服セットなどの物資を支援する考えも表明した。

 県内宿泊施設への影響については、県旅館ホテル生活衛生同業組合が加盟施設にアンケートを実施。例えば3人で1部屋の予約がキャンセルされた場合、延べ3泊とカウントした。回答があった59施設(回答率20%)のうち、29施設で延べ1999泊のキャンセルがあったという。