県は12日までに、日光市の霧降高原と鶏頂高原の県営2牧場を3月末で廃止することを決めた。2011年の東日本大震災以降、放射能汚染などの問題で牛を放牧しておらず、休止状態だった。廃止により、県所有の牧場は塩谷町の「土上平(どじょうだいら)放牧場」の1カ所のみとなる。