1万人目の入場者として佐々木館長(左)から記念品を手渡される冨澤さん夫妻=12日午後、宇都宮市長岡町

1万人目の入場者となった冨澤さんと妻の佳織さん=12日午後、宇都宮市長岡町

1万人目の入場者として佐々木館長(左)から記念品を手渡される冨澤さん夫妻=12日午後、宇都宮市長岡町 1万人目の入場者となった冨澤さんと妻の佳織さん=12日午後、宇都宮市長岡町

 宇都宮美術館で開催中の企画展「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」(宇都宮美術館、下野新聞社主催)の来場者が12日、1万人を突破した。

 1万人目となったのは、宇都宮市宝木本町、介護福祉士冨澤尚伸(とみざわひさのぶ)さん(47)、佳織(かおり)さん(47)夫妻。ドイツ語を学んでいる佳織さんが「ドイツ語圏の文化芸術に興味があった」といい、「食事をして展覧会を見るデートなので、2人ともおめかしして来ました」と笑顔。

 佐々木吉晴(ささきよしはる)館長から図録や記念品を手渡され、「学芸員が作品解説するギャラリートークはとても参考になる。機会を改めてまた訪れたい」と話した。

 同展は“ヨーロッパの宝石箱”にも例えられるリヒテンシュタイン侯爵家のコレクションから、油彩画や陶磁器など約130点を紹介している。24日まで。