菜の花を献花する出席者たち

 【佐野】市で終戦を迎えた作家司馬遼太郎(しばりょうたろう)さんを追悼する「菜の花忌」(同実行委主催)が11日、寺中町の植野地区公民館で営まれた。

 司馬さんは陸軍少尉として、太平洋戦争終戦前後の約4カ月を市で過ごした。後に自身の小説について「(佐野で過ごしていた)22歳の自分に宛てた手紙」と語るなど、市と司馬さんのゆかりは深いとされる。