加工所を引き継ぎ、新たな特産品を開発した金原さん

 【宇都宮】廃業寸前だった中島町の農産物加工所を継いだ食品販売業「Cooking&Glow(クッキング&グロー)」がこの冬、地元産食材を使った新たな特産品「宮ぴくるす」を開発した。今後、郷土料理などの事業を承継しながら、地産地消を促し農産物のブランド力向上を図る事業に力を入れる。

 加工所は25年ほど前、雀宮地区の農家の女性11人でつくる「生活改善クラブ」(現農業生活研究グループ)が立ち上げた。郷土料理を食卓に取り入れてもらおうと、しもつかれやそば、漬物を製造販売し、地元住民に親しまれてきた。