栃木SC-FE.アトレチコ佐野決勝 第1ピリオド5分、栃木SCの山田がゴールを決める=宇都宮市サッカー場、

栃木SC-FE.アトレチコ佐野決勝 第1ピリオド5分、栃木SCの山田がゴールを決める=宇都宮市サッカー場、

 第37回県少年サッカー新人大会兼JA全農杯全国大会in関東大会県大会(県サッカー協会、下野新聞社主催)最終日は9日、宇都宮市サッカー場で決勝までを行い、決勝で栃木SCが8-0でFE.アトレチコ佐野を下し2年連続5度目の優勝を果たした。

 5年生以下の新チームで挑む初めての県大会で、64チームが頂点を目指して熱戦を展開。決勝のみ3ピリオド制(12分×3ピリオド)で争われ、第1、2ピリオドは全選手入れ替えるなどの特別ルールも設けられた。

 優勝した栃木SCは決勝でFE.アトレチコ佐野を相手にゴールラッシュを披露。第1ピリオドで5点を挙げリードを奪うと、その後も攻撃の手を緩めず8-0で圧勝した。また、関東大会への出場規定を満たしていないFE.アトレチコ佐野に代わって、関東大会への第2代表を決める3位決定戦も実施され、ヴェルフェ矢板が三島FCをPK戦の末に下した。

 優勝した栃木SCと3位のヴェルフェ矢板は、3月に山梨県で行われる関東大会に出場する。