課題を完登し歓声に応える楢崎智亜=東京・駒沢屋内球技場

飛び移ったホールドをつかむ川又玲瑛(宇南高)

準決勝の課題に挑む楢崎明智(TEAM au)

課題を完登し歓声に応える楢崎智亜=東京・駒沢屋内球技場 飛び移ったホールドをつかむ川又玲瑛(宇南高) 準決勝の課題に挑む楢崎明智(TEAM au)

 スポーツクライミングのボルダリング・ジャパンカップは9日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝と決勝が行われ、世界王者で東京五輪代表の楢崎智亜(ならさきともあ)(宇都宮市出身、TEAM au)は2年連続の2位だった。初優勝した20歳の原田海(はらだ・かい)(日新火災)と同じ2完登だったが、ゾーンの数で及ばなかった。

 ほか県勢は準決勝1位で決勝に進んだ川又玲瑛(かわまたれい)(宇南高)が大健闘の4位。楢崎明智(ならさきめいち)(宇都宮市出身、TEAM au)は準決勝12位と振るわず6人で争われた決勝に進めなかった。

 女子は17歳の伊藤(いとう)ふたば(TEAM au)が最年少優勝を飾った2017年以来、2度目の日本一。決勝で東京五輪代表の野口啓代(のぐち・あきよ)(同)と3完登で並び、課題(コース)途中のボーナスに当たるゾーン獲得数で上回った。野中生萌(のなか・みほう)(XFLAG)が3位。