市執行部に質問する亀井さん

 【足利】市内の小学生が政策提案などを体験する「足利子ども議会」が8日、市議会議場で初めて開かれ、15人の子ども議員が市執行部にさまざまな質問をぶつけた。

 子どもたちに主体性や行動力を身に付けてもらおうと、足利わたらせロータリークラブが企画した。9小学校に通う4~6年生が参加し、議長は事前に選ばれた桜小6年中島優太(なかじまゆうた)君(12)と小俣小6年黒崎斗羽(くろざきとわ)君(12)が交代で務めた。