漫画や趣味のバイクが並ぶ店内と打越さん

 【日光】今市の喫茶店「ちゃちゃはうす珈紋(かもん)」が来年5月5日、開店45周年の節目に惜しまれつつ閉店する。同店はオーナーの打越由紀男(うちこしゆきお)さん(67)が23歳の時、下鉢石町にオープンした店が前身。今市への移転や自身の闘病などの歴史を振り返り、打越さんは「閉店に悔いはない。残りの1年ほど、初心を思い出しながら走り抜けたい」と話している。

 打越さんは都内や宇都宮市の喫茶店で修業を積み、「いろいろな種類のコーヒーが飲める店を出したい」と1976年4月26日、前身の「こうひいしょっぷ珈紋」を開業。地元住民や観光客らに愛され、当時の来客が自由に記入していた伝言ノート100冊ほどは今でも店内に残る。