サッカーバレーを行う栃木SCのMF和田(右)、DF温井(左)、GK大野

サッカーバレーを行う栃木SCのMF和田(右)、DF温井(左)、GK大野

 宮崎キャンプ第10日の栃木SCは7日、宮崎県都城市の高城総合運動公園で練習を行った。レクリエーションなど軽めの調整でキャンプ最後の練習試合となる8日のJ3岐阜戦へ備えた。

 午前9時半開始の練習前には栃木SC後援会の上野勝弘(うえのかつひろ)会長がグラウンドを訪れ、選手会に激励金10万円を贈呈。「チームの雰囲気の良さを肌で感じる。期待しているしバックアップもしていく」と激励した。

 練習ではサーキットトレーニングの後、3人1組のチームを組んで「サッカーバレー」の対抗戦を実施。選手たちは笑顔を見せながらリラックスした様子で約40分間、ボールを追いかけた。 岐阜戦は8日正午から同会場で実施。GK塩田仁史(しおたひとし)は「1-0で守り切るのでなく、しっかりとチャレンジを続けた上で結果を求めたい」とキャンプの総仕上げとなる一戦を見据えた。